体臭 関係

体臭と食べ物の関係性


体臭の悪化と関連があるものはいろいろありますが、なかでも食べ物との関係性は大きいといわれています。食生活に問題があると体臭も強烈になりやすいといわれていますので、体臭が気になる方は食生活を見直したほうがいいかもしれません。

年齢を重ねることで食生活が不規則になったり、偏ったりする方も多いです。仕事のストレスを発散させるために暴飲暴食をしてしまったり、好きなものばかり食べて偏った食生活をしてしまっている方もいるのではないでしょうか。

脂っこい食事や刺激物を好んで食べたり、どか食いなどの食べ方によっても体臭がキツくなることがあります。食生活が悪くて血液がどろどろになってくると老廃物も体内にたまりやすいですし、メタボになったりして身体に不調が起こりやすくなります。

体臭をきつくさせる食品には次のようなものがあります。

・動物性脂肪が多い食品
肉類、牛乳、チーズ、バター、揚げ物などがあります。重要な栄養素ではありますが、過剰に摂取することで肥満や血行の悪化、生活習慣病のリスクも高くなります。

・辛い食品
キムチ、唐辛子、カレーなどの刺激物は食べ過ぎると汗がでて体臭を撒き散らしてしまいます。また、辛いもの食べ過ぎは腸に負担をかけることになるので腸の不調をもたらして体内から臭いが発生しやすくなってしまいます。

・アルコール
過度な飲酒も体臭を悪化させます。アルコールは体内でアセドアルデヒドという物質になり臭いの原因になります。

・ファーストフード、ジャンクフード
こうした手軽に食べられる食品は保存料や添加物がたくさん含まれていて体臭がひどくなりやすいです。添加物などは消化しにくく、活性酸素を作ってしまうので健康にもよくないですし、体臭も悪化しやすいです。カロリーが高いものが多いの皮脂の過剰分泌や肥満にもなりやすいので注意が必要です。



体臭を改善させる食生活


上で紹介した食事を控えて食生活を改善することが体臭や健康のためにも重要になってきます。

バランスの良い食事をとるのが大事ですが、ほかにも抗酸化作用がある栄養素の摂取も大事です。緑黄色野菜、柑橘類、ポリフェノールを含む、ニンニク、ネギ、タマネギ、ゆず、レモン、赤ワイン、リンゴ、ゴボウ、緑茶、ゴマ、大豆などを積極的に食べるようにしましょう。

和食を中心にした食生活をすると自然と健康にいい食事をしやすくなるはずです。腸内環境を整えるために乳酸菌や発酵食品を食べるのもいいですし、健康によさそうな食事を心がけていきましょう。あとは食べ過ぎもよくないので腹八分目にして体調を整えていきましょう。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|